AI顔認証でタイムカードに改革を。
AI顔認証でタイムカードに改革を。

スマホのカメラで出退勤管理が簡単に出来るサービスです

スマホのカメラで出退勤管理が
簡単に出来るサービスです

導入メリット

顔認証タイムカードで打刻が”楽”

打刻、顔データを様々な業務に活かす事が出来ます。

1名100円(税別)/月でご利用可能

1名あたり月々100円から
ご利用可能です。

スマホアプリなので気軽に使える

従業員の出退勤を簡単・効率的に管理する事が可能です。

位置情報の記録で働いた場所がわかる

在宅やコワーキングスペース等「どこ」で打刻したかを明確に残せます。

打刻データの一括ダウンロード

指定した月の勤怠データをCSV形式でご利用頂けます。

サービスについて

「スペイシータイムカード」は、今まで紙で行ってきた勤怠管理自体を タブレットやスマホのカメラを利用する事により、
「顔」を記憶して勤怠管理が出来るという画期的なサービスです。

また、打刻をした時間だけではなく位置情報も記録されるため、在宅やコワーキングスペースから打刻をしていても
「どこで」打刻をしたか明確に残すことができます。
何度も出退勤を繰り返す事により、様々なデータを蓄積し、業務に活かす事が容易に出来ます。

ご利用の流れ・方法

ご利用の流れ

スペイシータイムカードをご利用頂くにあたり、最初に勤怠を管理される方(上司や人事部等)が
スペイシーの会員登録(会員登録までスクロール)を行う必要があります。
会員登録完了後、スペイシータイムカードの管理画面にアクセスし、会社情報の入力、有料会員のお申し込みを行って下さい。

打刻を行う前に、利用対象となる従業員のアカウントを作成する必要があります。
管理画面のメンバーボタンから、アカウントを作成出来ます。アカウント登録を行ったメールアドレスにメールが届きますので、
従業員の方は届いたメールの案内に従って管理画面にログインして下さい。

ログイン後、顔写真の登録を行って頂き、スペイシータイムカードアプリをAndroidスマホ、タブレットにインストールして下さい。
アプリを立ち上げ出退勤を選択するとカメラが起動しますので、ぶれないように注意して顔を写します。
顔が認識されますと自動で認証処理され、打刻が記録されます。
※顔認証が上手く行かない場合には、メールアドレスとパスワードによる認証で打刻を行う事も出来ます。

ご利用方法

勤怠管理者(上司、人事部等)

管理される方の手順1
スペイシーアカウント
を作成
管理される方の手順2
会社情報入力と有料会員のお申し込み
管理される方の手順3
従業員登録
管理される方の手順4
打刻データをCSV形式でダウンロード

従業員

メールの案内に従い、スペイシーにログインして顔写真を登録
スペイシータイムカードアプリをインストール
出退勤を選択して顔をカメラに合わせるだけでOK!

プライス

基本利用料無料
基本利用料無料

1名から 1人あたり100円(税別)/月

※打刻した時点から費用が発生します。
実用例2

Webサイト制作会社
従業員(社員・アルバイト)8名
8アカウント×1アカウント100円= 800円(税別)/月

実用例1

情報処理サービス系企業
従業員(社員・アルバイト)20名
20アカウント×1アカウント100円= 2,000円(税別)/月

使用画面

クラウド勤怠
スペイシータイムカード

今すぐアプリをダウンロード

Google Playで手に入れよう

よくあるご質問

Q1顔認証が上手くいかないことはありますか?

A1サングラスやマスクをしていると、顔認証が上手くいきません。メガネの有無では認証に差し支えはありません。
※顔認証が上手く行かない場合には、メールアドレスとパスワードによる認証で打刻を行う事も出来ます。

Q2月の途中からアカウントを追加した場合の利用料はどうなりますか?

A2月に1度以上打刻したアカウント数により、利用料金が決まります。そのため、途中から追加されたアカウントで打刻をしても利用料金は発生します。

Q3iPadやiPhoneで利用出来ますか?

A3現在、AndroidOS5以上を搭載したタブレット、スマートフォンでのみご利用頂けます。(iPadやiPhoneは今後対応予定となります。)

会員登録

※登録するとタイムカード利用規約スペイシー利用規約に同意したことになります。
半角英数8文字以上