貸し会議室活用ガイド

講師・副業実践ガイド

カウンセラーとして副業で活躍していくためのコツ

カウンセラーとして副業で活躍していくためのコツ

「心の時代」と呼ばれている現代において、需要の高い職業のひとつである「カウンセラー」は、精神的な疲れやストレスなどから心にトラブルを抱えている人たちに対して、心理面からサポートをする仕事です。学校や企業など、さまざまな組織などで需要が高まっていて、働きながら資格取得を目指すという人も少なくありません。そこで今回は、カウンセラーとして副業で活躍するためのポイントをご紹介します。

カウンセラーの仕事内容

カウンセラーの仕事は、悩みを抱えていたり、ストレスを感じるなど、問題を抱える方たちの話を聞いて、心理面でサポートすることです。子どもの不登校を始め、ひきこもり、摂食障害、PTSDなどさまざまな心のトラブルに対して、心理学の知識を用いてカウンセリングを行い、問題解決の方法を考えていきます。ひと口にカウンセラーと言っても、産業、医療、教育などどの領域で活躍するのかによっても必要な資格は異なりますが、心理学の専門知識を学ぶために、大学で勉強をするのが一般的です。
その一方で、働きながらカウンセラーを目指す人も多く、通信講座や専門学校などでメンタルケアやメンタル・ヘルスマネジメントという民間資格を取得して、カウンセラーの副業をしている方も少なくありません。

カウンセラーとして副業をするメリット

カウンセラーとして副業をする一番のメリットは、人の役に立つがやりがいを感じられることで収入を得られるということ。人の話を聞くことが好きだったり、悩んでいる人の力になりたいという思いが強かったり、カウンセラーを目指す人の多くは元々この仕事に対して憧れを持っていた人がほとんどです。自分がやりがいを感じられることを仕事にし、そのことで人から感謝されたり、喜んでもらえたりするだけでなく、収入を得ることまでできるというのは大きな魅力だといえます。

また、カウンセラーを副業として仕事をすることで、実績を積むことができるのもメリットのひとつでしょう。カウンセリングのスキルや、心理学の知識などは専門性の高い分野ですから、机の上で勉強をしているだけでは技術を磨くことができません。例え本業のように稼ぐことができなかったとしても、副業として仕事を続けることで知識や技術の衰えを防ぐことも可能なのです。

カウンセラーとして働く際の心得

では、実際にカウンセラーとして副業をする場合、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。
心にストレスや悩みといったトラブルを抱えた人たちを相手にするカウンセラーの仕事は、相手のプライベートな部分やセンシティブな問題にまで踏み込むことがあります。どんなときでも、謙虚な姿勢でしっかりと相手の話に耳を傾け、問題解決のために取り組むべきことを一緒に考えていくことが求められます。
第三者にカウンセリングの内容を話すなどということはもちろん、副業だからといって未熟な対応をすることは絶対に許されません。もちろんあらゆる副業において「副業だから」と許されるものではありませんが、カウンセリングを受ける人は、真剣に自分の問題と向き合おうとしているわけですから、その覚悟をカウンセラーは充分に理解しておく必要があるのです。ただし、カウンセラーという職業は相手と向き合うだけではなく、自分と向き合う必要もある職業です。自分が心身ともに健康でフラットな状態でなければ、相手の気持ちと真摯に向き合うことはできません。そして、勉強した知識だけではなく、自分自身が経験して感じて学んだものを積み重ねていくことが、より良いカウンセラーになる道と言えます。
カウンセリングの時間は、カウンセリングを受ける人のためだけではなく、カウンセラーが自分自身と向き合い、学ぶ時間であるということを常に心得ておいてください。

カウンセラーはこれからの時代も常に必要とされる職業のひとつです。カウンセラーの勉強をしている方は、学んだ知識やスキルを副業として活かしてみてはいかがでしょうか。

スペイシー

カウンセラーの仕事では、相手のデリケートな面にも踏み込むことがあるため安心して話せる場所が必要です。貸し会議室やレンタルスペースにはプライバシーが守られ、落ち着いて話せるメリットがあります。
スペイシーではカウンセリングにも使いやすい会議室やレンタルスペースをご用意しています。