スペイシー登録事業者利用規約


 この規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社スペイシー(以下「当社」といいます。)が提供する スペイシー(Spacee.jp)に関するすべての製品およびサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を、本サービスを利用してスペースを掲載する登録事業者(以下「登録事業者」といいます。)と当社との間で定めるものです。

 登録事業者は、本サイト及び本サービスの利用(閲覧を含むものとし、以下同様とします。)を開始するに際し、以下の規約に同意することを要し、以下の規約に同意した上で利用を開始したものとみなします。


第1条 サービス内容及び用語の定義

本規約の中で使用される以下の各用語は、次の通りとします。

(1)「本サービス」とは、当社が提供するウェブサイトSpacee.jpにおいて当社が提供するスペース(貸し会議室、レンタルスペース等、各種スペース)広告掲載等のサービスをいいます。

(2)「本サイト」とは、当社がインターネット上で提供するサービスSpacee.jpを指します。

(3)「本規約」とは、本規約及びプライバシーポリシーの全てを指すものとします。

(4)「登録事業者」とは、本規約に同意し、サービスを利用するために所定の手続を行い、当社がその登録および利用を承認した個人および法人を指します。

(5)「会員等」とは、会員、会員登録の申込者、および本サイトの閲覧者など、本サイトの利用を認められる個人および法人を指します。また、特に断らない限り、サイト閲覧者も含まれるものとします。

(6)「スペース利用者」とは、本サービスを通じてスペース等を予約し、実際に利用する者を指します。

(7)「スペース等」とは、本サイトを利用することにより登録事業者が登録し、会員等が予約するスペース等を指します。


第2条 (利用登録)

本サービスの利用を希望する者は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用登録を申し込むことができるものとします。

2 登録の申請は本サービスを利用する個人又は法人自身が行わなければならず、当社の許可なく第三者が登録申請を行うことは認められません。また、登録希望者は、登録の申請にあたり、真実、正確かつ登録時点で最新の情報を当社に提供しなければなりません。

3 当社は、登録希望者の登録の可否を総合的に判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を登録希望者に通知することにより登録希望者の登録事業者としての登録は成立したものとします。

4 前項に定める登録の成立時に本サービスの利用契約が登録事業者と当社の間に成立し、登録事業者は本サービスを当社の定める方法で本規約に従い利用することができるようになります。

5 登録事業者が本サービスに登録をしたことにより生じた損害及び登録事業者が本条の規定に違反したために被った損害に関し、当社は一切責任を負いません。

6 当社は、第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあります。なお、当社は、登録を拒否した理由について一切開示義務を負いません。

(1)本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合

(2)当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(3)過去に本サービスの利用の登録を取り消された事業者である場合

(4)未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合

(5)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社又は第三者が判断した場合

(6)本サービスと同一又は類似のサービス等の競合サービスを行っていると当社が判断した場合

(7)本サービスの継続的な提供が合理的な理由により困難であると当社が判断した場合

(8)当社からの電子メールを受領できない場合

(9)当社の問い合わせ窓口等に対し当社の業務妨害となる応対であると当社が判断した場合

(10)その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

6 登録事業者は、登録情報に変更があった場合は、遅滞なく、当社の定める方法により、当該変更事項を当社に通知し、当社から要求された資料を提出するものとします。


第3条(費用の負担)

 登録事業者と当社は、本契約の履行に関連して各当事者に発生する費用をそれぞれ負担します。尚、本サービスへの掲載費用は無料とします。


第4条 (ID及びパスワードの管理)

 当社は、スペース掲載者登録フォームによる申込み(またはメールでの利用規約に同意)を受領した場合、原則として、登録事業者に対してID及びパスワードを付与するものとします。ただし、当社は登録事業者からの利用の申込みを承諾しない場合があります。

2 登録事業者は、当社から付与されたID及びパスワードの管理責任を負うものとし、漏えいや使用上の過誤等による登録事業者の損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

3 登録事業者は、当社が認めた場合を除き、ID及びパスワードを第三者に使用、譲渡、名義変更、売買、質入れ等をしてはならないものとします。

4 登録事業者は、ID及びパスワードの盗難があった場合、ID及びパスワードの失念があった場合、又はID及びパスワードが登録事業者の意に反して第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに当社にその旨を連絡し、当社の指示に従うものとします。


第5条(個別のスペース広告掲載申込みの成立)

 登録事業者は、当社の付与したID及びパスワードを用いて、本サービスの管理画面を通じて、スペース広告の作成・掲載を行うことができます。登録事業者が作成したスペース広告の掲載が開始された時点で、登録事業者は当社に個別のスペース広告掲載を申込んだものとし、当該スペース広告に関して本サービスを通じて利用者の予約が確定された場合及び確定後キャンセルされた場合に登録事業者の当社に対するサービス料金(システム利用料)の支払義務が発生します。

第6条(サービス料金、及び支払方法)

 会員等と登録事業者間においてスペース利用に関する契約が成立し(利用の名目、内容を問いません。会員等からスペース利用に関する予約申込があった場合について、登録事業者は予約を自動的に確定させるか、手動で確定させるかを予め設定することができます。手動確定の場合に、予約日を含む2営業日以内に処理されない場合はスペイシーのシステム側で自動的に予約申込を拒否しますので、ご注意ください。)、当社が当該スペース利用者から、当該契約において合意された契約金(税金、延長料金、キャンセル料並びに設備及び備品の使用料並びに飲食代金等のあらゆる料金、その他諸経費を含みます)を受領した場合、当社は登録事業者に対して、当該契約金からシステム利用料(当該契約金に一定割合を乗じた額、割合は当社が掲載されたスペース情報等に基づいて設定します。)を控除した残額を支払います。ただし、入金確認までが取れたものに限るものとします。

2 当社は、登録事業者に対して、前項所定のサービス料金を、スペースが利用された日の属する月の翌々月末日(当該日が当社または金融機関の休日となるときは、その前日)までに、登録事業者の指定する銀行口座に振り込む方法によって支払います。なお、振込手数料は登録事業者の負担とし、当社は振込手数料相当額を控除して振り込むことができるものとします。

3 登録事業者に支払うべきサービス料金額が当月金5,000円以下の場合は翌月以降へ繰越し、金5,000円を超えた日の属する月の翌々月末日(当該日が当社または金融機関の休日となるときは、その前日)に合算して支払うものとします。


第7条(責任)

 スペース利用者から登録事業者に対するクレーム、スペース利用者と登録事業者との間に生じた紛争については、当社の責めに帰すべき場合を除いて、当社は責任を負わず、登録事業者の責任と費用負担においてその処理及び解決を行うものとします。


第8条(禁止事項)

 本サービスのスペースについては、登録事業者の責任において掲載するものとします。ただし、登録事業者は、以下の各号に該当するスペースを掲載等してはならないものとします。

(1)法令、条例または公序良俗に違反する恐れがある場合

(2)犯罪的行為に結びつく蓋然性が高い場合

(3)登録事業者が所有(または管理)していないスペースの場合

(4)わいせつ図画、文書の頒布等にあたる場合

(5)本サイトまたは本サービスを利用して会員等若しくは他の登録事業者、またはその他の第三者を他のウェブサイトに誘導する行為を行った場合

(6)本サイトに掲載されている料金と同一の利用条件にもかかわらず、異なる料金を他のウェブサイト等に掲載し利用者を誘導する行為を行った場合

(7)本サイトを利用して、他の登録事業者若しくは本サイト利用者、その他の第三者と直接取引を行う行為またはそれを誘引する行為を行った場合

(8)事実誤認を誘発しまたは虚偽である場合

(9)他の登録事業者または第三者の著作権その他知的財産権を侵害する場合

(10)他の登録事業者または第三者の財産権またはプライバシーを侵害する場合

(11)他の登録事業者または第三者に不利益を与える場合

(12)他の登録事業者または第三者を誹謗中傷する内容である場合

(13)有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込む行為

(14)スパムメール、チェーンメール、ジャンクメール等を送信する行為

(15)本サービス運営を妨げまたは当社の信用を毀損する場合

(16)本サービスを通じて掲載スペースの利用者から低い評価を受けたスペースの登録事業者が別のスペース又は登録事業者と誤認させる目的で複数アカウントを登録し、低い評価を受けたスペースを再度掲載等する行為

(17)寝具が設置されている等、宿泊可能なスペースの場合

(18)本規約第11条に違反し、スペイシー機密情報を開示又は漏洩した場合

(19)その他、当社が合理的な根拠に基づき不適当と判断する場合

2 当社は、登録事業者のスペースの内容または登録事業者の行為が前項各号のいずれかに該当し、または該当する恐れがあると判断した場合には、登録事業者に事前に通知することなく、かかる掲載を停止することができるものとします。なお、前項の本サービスの停止により登録事業者が損害を被った場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。

3 登録事業者が第1項各号に該当することを理由として、万一、当社が第三者から権利侵害の主張をされた場合には、登録事業者の費用と責任においてこれを解決するものとします。また、万一、当社が独自にかかる紛争に対応した場合には、登録事業者は、当社が自己を防衛するため等の法的活動に要する費用(弁護士費用を含む)をすべて負担するものとします。


第9条(本サービスを通じて登録事業者が取得する個人情報の取扱)

 登録事業者は、本サービスを通じて取得された個人情報を、当社の許可なく登録事業者以外の第三者に提供すること、及びスペース運営事業以外の目的で使用しないものとします。

2 登録事業者が前項に違反したことを理由として、万一、当社が第三者から権利侵害の主張をされた場合には、登録事業者の費用と責任においてこれを解決するものとします。また、万一、当社が独自にかかる紛争に対応した場合には、登録事業者は、当社が自己を防衛するため等の法的活動に要する費用(弁護士費用を含む)をすべて負担するものとします。


第10条(当社における機密保持)

 当社は登録事業者が機密情報である旨を明示して開示した情報(以下「機密情報」といいます)を、機密として保持し、開示された目的以外には利用せず、また、第三者に開示・漏えいせず、善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。ただし、以下にあげる個人情報以外の情報に関してはこの限りではありません。

(1)開示の時点ですでに公知となっている情報

(2)開示後当社の責によらずに公知となった情報

(3)機密情報によらず当社が独自に開発した情報

(4)第三者から適法に開示された情報


第11条(登録事業者における機密保持)

 登録事業者は、当社の事前の書面による承諾なく次項に定める スペイシー 機密情報を他の登録事業者、会員等、スペース利用者、その他の第三者に開示又は漏洩しないことに合意するものとします。

2 スペイシー機密情報には以下の各号に掲げる情報が含まれます。

(1)本サービスに関連する一切の当社のソフトウェア、技術および文書

(2)契約金、システム利用料、サービス料金その他本サービスに関連して支払いがなされる金員に関する金額、計算方法、支払方法及びこれらに関連する一切の情報に関連して支払いがなされる金員に関する金額、計算方法、支払方法及びこれらに関連する一切の情報

(3)予約数実績、その他予約に関するデータ統計

(4)本サービスにおけるベータ版機能の存在およびそれに関する情報

(5)当社と登録事業者との間における個別の契約又はその協議・交渉の存在及び内容に関する情報

(6)その他当社により提供される情報であって、機密であると指定されるか、それが提示される状況において通常機密とみなされるものとする


第12条(転載)

 当社は現在および将来にわたり、本サービスの成果の拡充を目的として、当社が運営する別のスペース広告媒体および第三者たる企業、組織または団体が運営する求人媒体に登録事業者のスペースを転載することができるものとします。


第13条(業務委託・提携)

 当社は現在及び将来にわたり、本サービスの業務を遂行し、あるいは事業を拡充する為に、継続的に第三者たる企業、組織または団体と業務委託・提携等することができるものとします。


第14条(不保証)

 当社は、本サービスの品質及び機能に関して、技術上または商業上の完全性、正確性及び有用性等につき、保証を行うものではありません。また、当社は、登録事業者が本サービスを利用して行ったスペースの成果については、一切の責を負わないものとします。

2 当社は、本サービスの利用に関連して登録事業者と第三者との間にトラブルが発生した場合であっても、当社の故意または重過失がある場合を除き、当該トラブルに関して何ら関知せず、責を負わないものとします。


第15条(損害賠償)

 登録事業者が本規約に違反しまたは不正もしくは違法な行為を行ったことにより当社に損害が生じた場合、登録事業者はその一切の損害(弁護士費用を含む)を当社に賠償する責を負うものとします。


第16条(協議事項)

 登録事業者及び当社は、本規約に定めのない事項及び本規約の各条項の解釈について疑義が発生した場合には、お互いに誠意をもって協議し、解決するものとします。


第17条(サービスの停止等)

 本条第1項から第5項、第8項に該当する場合には、当社は登録事業者への事前通知なしに、第6項及び第7項に該当する場合には事前通知のうえ、本サービスの全部または一部を停止・中止もしくは運営方法を変更できるものとします。登録事業者は、当社の責めに帰すべき事由に基づく場合を除き、停止や運営方法の変更に関して、当社に対して損害賠償等を請求することはできません。

 (1)本サービスの保守点検を定期または緊急に行う場合

 (2)火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合

 (3)天災地変などにより本サービスの提供ができなくなった場合

 (4)当社が設置または管理する設備の異常、故障、障害その他本サービスを登録事業者に提供できない事由が生じた場合

 (5)当社の責によらない事由により本サービスの提供ができなくなった場合

 (6)掲載スペース数と掲載期間に鑑みて著しく利用率が低く、当社及び登録事業者により、本サービスにおけるスペース広告等の改善をしたにも関わらず、相当期間、当社規定の最低基準の利用率をあげられなかった場合

 (7)利用者に対する利用率があがらない登録事業者で、当社及び登録事業者により、本サービスにおけるスペース広告等の改善をしたにも関わらず、相当期間、当社規定の最低基準の利用率をあげられなかった場合

 (8)その他、当社が一時的な中断・停止を必要と判断した場合

2 登録事業者が次の各号に一つでも該当する場合、当社は何ら催告なく登録事業者に付与したID及びパスワードを無効化し、登録事業者のサービス利用を拒否できるものとします。

 (1)本規約の各条項のいずれかに違反した場合

 (2)掲載されたスペース広告と業務の実態が異なり、これによって第三者から苦情を申し立てられた場合、またはその恐れがある場合

 (3)破産、民事再生手続開始、特別清算手続開始、会社更生手続開始の申し立てを受け、または自ら申し立てた場合、若しくは事実上倒産した場合、またはその蓋然性が高いと当社が判断した場合

 (4)集団的または常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長する恐れのある団体に属している場合、または、これらの者と取引があることが判明した場合

 (5)3ヶ月にわたり管理画面へのログイン記録がなく、当社からの書面・電話・メール等による問い合わせに対し、明確な回答を与えない場合

 (6)その他、本サービスを継続しがたい事由が発生したと弊社が判断した場合

3 当社が次の各号に一つでも該当する場合、登録事業者は何ら催告なくサービスの利用を中止できるものとします。

 (1)正当な事由がなく、当社が本サービスを実施しない場合

 (2)登録事業者に虚偽の報告をした場合

 (3)本規約の条項に違反した場合

 (4)本業務の遂行にあたって正当な理由なく登録事業者の指示に従わない場合


第18条(権利帰属)

 当社ウェブサイト等及び本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイト等又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。登録事業者は、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。

2 当社ウェブサイト等又は本サービスにおいて、登録事業者が投稿その他送信を行った文章、画像、動画その他のデータ(以下「投稿データ」といいます。)については、当社において、無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。また、登録事業者は、当社及び当社から権利を承継しまたは許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

3 登録事業者は、投稿データについて、自らが投稿その他送信することについての適法な権利を有していること、及び投稿データが第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。

4 当社は、登録事業者と別途業務委託契約を締結することにより、スペース広告の作成を行う場合があります。かかる業務委託契約に基づき撮影・制作した写真・原稿については、当社が著作権を所有し、本サービスでのみ使用できるものとします。

5 登録事業者は、本サービスを利用することにより得たスペース広告サイト運営方法の情報・技術情報、個人情報等をもとに、当社と同様の業務を行ってはならないものとします。また、有償無償を問わず、同情報を第三者に提供してはなりません。

6 登録事業者は、本申込に基づく地位、及びこれに関して生じた当社に対する債権その他いかなる権利も、当社の同意なしに第三者に移転または譲渡してはなりません。


第19条(暴力団等排除条項)

 登録事業者は、当社に対し、本サービスの申込み時に、登録事業者及びその役員、使用人が、暴力団等(暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会勢力)でないことを誓約するものとします。

2 当社は、登録事業者が次の各号に一つでも該当する場合、登録事業者に対する何らの催告なしに直ちに本サービスを停止することができるものとします。

 (1)登録事業者が自ら又は第三者を利用して、当社に対し暴力的行為、詐術、強迫的言辞、業務妨害行為などの行為をした場合

 (2)登録事業者又はその役員ないし使用人が、暴力団等であることが判明した場合

 (3)登録事業者が当社から求められた暴力団等でないことの確認に関する調査等に協力せず、資料等を提出しない場合

3 登録事業者は当社が前条により本サービスを停止した場合のほか、登録事業者又はその役員ないし使用人が暴力団等であることを理由として詐欺・錯誤等に基づき取引を終了した場合、一切の損害賠償を請求することはできません。


第20条(解除)

 登録事業者または当社において、次の各号の一つにでも該当したときは、当事者は何等催告をなさず直ちに本契約を将来に向かって解除することができるものとします。なお、解除によって損害賠償の請求を妨げないものとします。

(1)本規約の各条項に違反した場合であって、相手方が相当の期間を定めて違反状態の解消を求めたが、その期間内に違反状態が解消されないとき

(2)破産、民事再生、会社更生等の各開始決定を受けたとき又は自ら申立をしたとき

(3)廃業又は解散決議をなしたとき

(4)登録事業者または当社が相手方の信用を著しく傷つけたとき

2 登録事業者および当社は、理由を問わず、相手方に対し14日前に書面による通知をなすことで本契約を将来に向かって解除することができる。

3 登録事業者または当社について本条第1項各号の事由が一つでも 発生した場合には、当事者からの通知催告がなくても、相手方は当然に期限の利益を失い、当事者は相手方に対して、その時点において負担する一切の債務を直ちに一括して弁済しなければならない。


第21条(有効期間)

 本サービス利用についての有効期間は、当社が登録事業者にID及びパスワードを付与した日から1年間とします。ただし、当社又は登録事業者のいずれかが有効期間満了の3営業日前までに更新拒絶の意思表示をしないかぎり、有効期間はさらに1年間自動更新するものとし、以後も同様とします。

2 前項にかかわらず、当社及び登録事業者は、相手方に対して、書面による通知により、いつでもサービス利用の全部又は一部の停止の意思表示をすることができるものとし、当該書面が当社に到達した日より起算して3営業日以後に、サービスの利用が停止されるものとします。


第22条(準拠法)

 本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。


第23条(合意管轄)

 本規約に関して、裁判上の争いが生じたときは、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。


第24条(規約の変更)

 当社は、民法548条の4に基づき、当社が必要と判断する場合、あらかじめ登録事業者の了解を得ることなく、いつでも、本規約および個別利用規約を変更できるものとします。変更後の本規約および個別利用規約は、当社が運営するウェブサイト内の適宜の場所に掲示されることにより内容を周知させ、変更後の規約の施行の日からその効力を生じるものとし、登録事業者は本規約および個別利用規約の変更後も本サービスを使い続けることにより、変更後の本規約および適用のある個別利用規約に関する有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。


第25条(適用関係)

当社と登録事業者との間において個別の契約が存在する場合、当該契約が本規約と異なる事項を定めているときは、当該契約の定めが優先する。

2 本規約は、前項の個別の契約について準用する。ただし、当該契約の性質がこれを許さないときは、この限りでない。


2013年11月20日制定

2014年 5月 7日改訂

2016年10月28日改訂

2017年 6月30日改訂

2017年 8月 5日改訂

2017年12月20日改訂

2018年 6月 8日改訂

2018年7月19日改訂

2019年6月21日改訂

2019年10月1日改訂

2020年5月1日改訂

2021年10月28日改訂


東京都千代田区麹町6-2-6 PMO麹町

株式会社スペイシー

代表取締役 平川雅一